引越しのポイント

引越しガイドライン

引越し代金を少しでも安く済ませるためのコツ

引越し代金は、一人暮らしの学生でも、荷物の量や場所によっては10万円を軽く越えてきます。
新居に住むときにはコストが高くつきますから、できれば引越しにはあまりお金はかけたくないものです。
実は、安く引越しをするコツにはいろいろなものがあるのです。
知っておくとお金が節約できるので、基礎知識として持っておくといいでしょう。
まず、こうした業者には繁盛期と閑散期というものがあることを知るべきです。
春先などは引っ越しがしたい人が多いので、繁盛期だと言えます。
この時期はそもそもスケジュールを抑えることができないですし、できたとしても値段は非常に高くなります。
安くお願いしたいのであれば、春先は回避して夏休み期間に行うのがいいとされています。
また、友引や仏滅の日には縁起が悪いということで仕事の依頼が減るものです。
そういった日にお願いをすれば、さらに料金は安くなります。
もちろん、土日祝日は避けて、平日に行うのがベストでしょう。
一人暮らしなら、小さいトラックと少人数スタッフで仕事をお願いすると値段は安くなります。
ダンボールには自分で荷物を詰め込んでおくと、その分見積もり金額は低くなるので、その手間を惜しまない方がいいです。

いい引越し会社とはどんな会社か

新しい部屋に住むことが決まって、いよいよ入居の日が迫ってきたというとき、誰しもがワクワクして心が躍って仕方がないはずです。
しかしいざ引越しをする際に、どんな会社に頼んだらよいかわからないということもあるでしょう。
そのためにはまず最初に、必ず電話をしてサービスの内容の確認と見積もりを立ててもらうべきです。
自分の荷物の種類や量、またピアノなどの特殊なものがあるかないかなどで、見積もりなどもずいぶん変わってくるからです。
たとえばピアノといった重く容量の大きいものが荷物の中にあるとしたら、業者によっては運送が困難ということもあり得ます。
なので、前もって確認を取っておくことが大事なのです。
それから料金だけで判断しないということも大切です。
いくつかの業者に電話をして見積もりを取ってもらい、いちばん安いところに決めても良いのですが、安さだけを基準にするのではなく、サービスの内容などにもしっかりと気を配っておいた方が良いでしょう。
そして最後には、引越し業者さんの人間性がやはり大切になってくると言わなければなりません。
大事な荷物を運ぶのであるから、そこには信頼関係というものがなければ荷物を預けることはできません。
そのためにも、事前にしっかりと打ち合わせなどを通じて業者さんとの間に信頼関係を築いておくことが重要です。

recommend

オンライン英会話 スクール
http://eigoru.com/
自動車学校 東京
http://www.kitatoshimaen.co.jp/
家電 買取
http://www.powerstation.vc/
エアコンクリーニング 大阪
http://www.rakuten.co.jp/live-up/
ホスト 人気
http://hostmagazine.jp/
医学部 予備校
http://dazaifu-academy.jp/
iPhone 修理 東京
http://xn--n8jvh9elfoa8284cfh1e.tokyo/
生命保険ランキング
http://roam2rome.com/seimei/

Last update:2015/8/6